ネットワークビジネス真の成功の心得 - ネットワークビジネス失敗者のための成功法則!勧誘無しの秘密の裏技

インターネットのネットワークビジネス

  • 友達100人に電話をしないといけない?
  • セミナーに毎週行かないといけない?
  • 交通費や食事代を使わないといけない?
  • 強引に勧誘しないといけない?
  • 高額なローンを組まないといけない?

クリック! >> ネットワークビジネス、あなたのやり方は間違っている!

MLMの人脈作り方 必ず成功する人の仕組みはコレ★

MLMでここ数年で成功している人は、自分の知り合い以外の人脈作り方が本当にうまいんです!私も勧誘されましたが、かなり巧妙な仕組みがあった驚くその方法とは!?>


【No.1講座!】MLMの誰でも日本中で人脈が増える方法はこちらのページから!!

kokoroganae.jpg

MLM、、ネットワークビジネスって人脈作り方に誰もが苦労しますよね??

自分の人脈なんてすぐ尽きてしまうんだから
新たにどんどん作っていくことが成功するために
必要なんです。が、、実は知り合い、友達レベルで
動いている間は絶対成功できないんですよね〜??

知っていました??



自分に近い友達、知り合い、親戚なんていう人脈は
そもそも利害関係を持ち込む間柄ではないので
話しをちゃんと聞いてくれないし、
正直成約率がとても低いんですよね。

だから、MLMの人脈の作り方は成功のためには
とても重要なんですね!


私が最近会った、若くして成功している
人たちに見る共通した仕組みを見ていきましょう!!


専門性を武器に人脈を形成する



TELL.jpg

ここ数年で始めてMLMで成功している人は
皆さん、それぞれ専門性を持っている人
ばかりです。

金融系、起業系、管理栄養士、薬剤師
セラピスト、整体師とかとか
そういった民間から国家資格まで
何かしらのお金か健康に関わる
資格を持っています。

どういうことかというと、

日々色々行われるなにかしらの交流会に参加します。

これはMLMではよくあるパターンですが

単に知り合いになるのではなく

名刺等を交換して自分を専門家として売り出して
facebookなども交換するわけです。


で、その人はMLMとは別に自分自身の
専門的なコンテンツがあるので


自分に興味がありそうな人に
自分が開催するセミナーやイベント、お茶会などに
誘うわけです。

特にfacebookなんかでイベント立ち上げれば
誘うのは簡単です。
ポイントは格安にするということです!!

するとセミナーした側というのは
リーダーや先生的な役割になれて相手から興味をもって
もらえるわけです。

そして来てもらった人たちに
価値のある話やサービスをする訳です!


MLM企業のセミナーではないから
まったくの先入観なく、自分が扱う
商材に合わせた教育や興味付けができるんですね!


するとその誘ったメンバーの中から
是非お近づきになりたいという人が
できてくるわけです。

そのように仕向ける仕組みや流れを
作っておくわけです。


こうなるともう勧誘は必要なくなり、
あなたの話を自ら聞きたいという人が出てくる状態で
成約率が自然と高まります。


だから必ず懇親会を設けるべきです。


最後に専門性にあわせた製品を勧めたり
一緒にビジネスをやることも
勧められるわけです。


尊敬しているアナタに対してだったら
買います、一緒にやりますということになります。


こうして自然に人脈が作れるわけです!


知り合いだったら、普段のアナタを知っていますから
こんなことにはなりませんよね??

キーワードは専門性、イベント・セミナー、先生です!

専門性のない人の人脈の作り方は??



odoroki.jpg

じゃあ、専門がない人はどうすれば!!!???

と思いますよね??


方法はあります!!!


それは、ボランティアでアップの専門家やセミナー講師のスタッフとして
大きなイベントの集客から運営まで関わることです!


『金融』や『専門的な健康セミナー』がいいですね!


これも色々なところから集客するわけです。


ネットワークビジネスの集客じゃないので
遠慮なくできます。


やればやるほど、大きなイベントになります。



同じグループの人たちにもサクラとして参加してもらい
ついでに知り合いも動員してもらい

盛り上げていくのです。


そしてあなたも司会や一部をセミナーとして
話すことにより、尊敬のまなざしを得てください。


前に出て話してるだけでただものじゃないと
思われますよ(笑)


そして例の懇親会です、、(^O^)


ここに来る人たちは特に興味が強いので
ふるい分けができている状態で
成約率が高い人たちです。


ここで尊敬され、親睦を深めた人に対して
アプローチをかけるといいでしょう。


ここでも知り合いでなく
あなたに興味を持った人が
自ら近づいてくるMLM用の仕組みを作ったわけです!

セミナー定期開催で自然と人脈や見込み客が増える
魔法の成功法です!!!!



こんな人脈の作り方は面倒くさい!!方へ



richcar.jpg

この記事に書いたことは成約率は高めますが
もちろん時間とお金はかかります。

綿密な企画運営も必要です。


本来MLMは成功までかなりの時間を
必要とするので大変なんです。


だから忍耐力のない人は諦めてください、、、!


でも現代の最強集客ツールと言えば

インターネット、SNSです!!


最終手段はネットでMLMをするという
手段に尽きるわけです!!


これが一番効率的かつ経費がかかりません。


やり方は下のバナーから見てくださいね!!


2ケルベラバナー.gif




ネットワークビジネスの反論処理は質問力でカバーできる!!!

ネットワークビジネス反論処理は質問力を磨いて常にイニシアチブをとる!>

私が一人も勧誘しないで成功して理由公開してます!!
richpool.jpg

ネットワークビジネスの活動をしていると、
相手から質問をされることがたくさんあります。
ここで反論処理をしなくてはいけないのですが、
その時にどのような受け答えをするかによって、
相手の反応も変わってくるのです。


質問には質問で対応する。

このことを覚えるだけで、反論処理もスムーズになっていきます。


日頃、ネットワークビジネスでどのような
製品を扱っているのかを質問されると思います。


基本的な対処する方法としては、
最初は肯定して相手を褒めながら質問で返すことがポイントです!


例えば、
どんな商品をあつかうかを聞かれたら→「さすが〜さん、いい質問ですね」
→「もし〜さんなら、どんな商材、商品を扱っていったらいいと思いますか?」
こんな風に返していくわけです。

こうすることで、常にイニシアチブは、あなたに移ります。

よくわからないこと、自分では補えない部分は、
相手にも考えてもらうことにより、
常にイニシアチブがとれるようになり
わざわざ反論処理をする回数も少なくなります。


「いい質問ですね」
という一言は、質問していないようなイメージがあり、
それに気づいたのは素晴らしいですねという
意味も含んでいるように相手は思いますから、
気分は悪くなるわけがないのです。


相手を否定することは、話も進まないし、
クロージングもできないわけです。

ネットワークビジネス成功は常に肯定し、肯定できるような
切り替えし方をとりいれましょう。
反論処理の気苦労がぐっと減りますよ(^^)


会話では、常に相手を褒めるように意識しながら話すのです。
ただし、これが苦手ならば慣れてきてから
取り入れるようにしていきましょう。
褒めることは練習して上手になります。
練習して繰り返すことでドンドン慣れていきますから。

日常から接している家族、友人、知人に対して感じる、
または見えるその人の良い部分を意識しましょう。
できたら、伝えてあげると良いですね。
褒める練習にもなりますし、
その人との人間関係も急速に縮めることができます。

具体的な練習方法は、電車に乗って座っている時に前に
座っている人、周りにいる人を見て、
その人の長所を10個上げてみてください。

大丈夫です(^^)顔つき、服装などで
オシャレ、優しそう、家庭的、可愛らしいなど
慣れればいくらでもでてくるはずですからね!


さらに、、実はネットワークビジネスではおなじみの
反論処理さえも必要なくなる方法があります。
これは目から鱗というほかありませんね(^^)

詳しくはこちらのページへ!

scses.jpg

ネットワークビジネス『ねずみ講?』から『聞きたい!』に変える魔法!

ネットワークビジネスで「それってねずみ講でしょ」を、「それなら聞きたい」に変える技術とは?>

クリック!【最終形!】知ったら誰もが参加する究極のMLM

MLM5.png

ネットワークビジネスと言えば『それ、ねずみ講でしょ??』
と言われるのが王道パターン。

あなたもわかっているように、ネットワークビジネス胡散臭いビジネスと思っている人が多いのは紛れもない事実。

誰もがネットワークビジネスの可能性を信じてスタートしたものの、
家族や友人に伝えると、「お前はだまされている」とか
「そんなビジネス辞めろ」と想定外の反応をされる時がほとんどですね。

「それってねずみ講でしょ?」と必ず勧誘相手に言われる言葉。


この言葉を言われた時に、あなたはどのように答えます?

成果が出ない頃の人は決まってこう答えてます。


ねずみ講とは違います。法律で規定されているビジネスです」

確かに正しいです。ところが、この答で相手とのコミュニケーションが
その後円滑に進むと思いますか?

change.jpg

答えは進みにくいです。


それでも相手は、ネットワークビジネス
ねずみ講だと何となく思っているからです。

結局相手のイメージは、ネットワークビジネスねずみ講なのです。


そのイメージに対して、「違う」と答えたら最後。
相手に反論したことになり感情と感情がぶつかり合います。


では、どうしたらいいでしょう?

gimonn.jpg
相手がネットワークビジネスのことをねずみ講だと
思ってしまったことに対してまず同意します。

明らかに誤解していますが、ネットワークビジネスを
始める前のあなた自身がそのような偏見を持っていたら
その時のことを思い出してみるといいですね。


実際に、ネットワークビジネスの話をきちんとした形で
聞いて理解するまでは、ねずみ講と思っていた人もいるのではないでしょうか?

その時のことを思い出してください。
そうすると、こんな答えになりますよね。


「そうそう、私も最初そう思ってました!」


この答え方は、相手に同意しています。


そして次に質問します。

なぜ、ネットワークビジネスをねずみ講だと思ったのか?

ただ質問すると詰問になりかねないので、視点を変えます。

「ネットワークビジネスやってる人って、
久し振りの友達を呼び出して、商品を
無理矢理買わせようとしたりする迷惑な人がいるからね〜
ところで○○さんはどこがねずみ講みたいな
悪いビジネスだと思ったの?過去に嫌な思いしたのかな?」


自分自身の体験を少し入れて、質問してみると、
相手も答えやすくなるのです。

これを何度か繰り返し、相手がネットワークビジネスに対する
ネガティブなイメージを全て吐き出してもらう感覚です。


同意を繰り返していくとだいたい最後のほうに出てくるエピソードが、
ネットワークビジネスに対して一番嫌な思いをしていることが多いです。


「そうですか、そんなことが。
ねずみ講と思うのも仕方ないですね。」


同意すると相手は救われます。
一通りネガが吐き出したと感じたら、
そこで話の流れを180度変えて、すかさず言います。


「だったら、一度私のビジネスを実際に確認してみて」


今までネットワークビジネスの良くない点を話していたのに、
この言葉は相手にとって意外な答えです。
相手は「えっ」とギャップを感じます。

scses.jpg
相手からこの「えっ」のギャップを引き出せたらばっちり。
あとは話がつながりやすくなるはずです。
過去その人が経験したよくないネットワークビジネスとは
まったく違うとか、「絶対に無理に勧めないから安心してね。」
と言ってあげれば大体の人が興味を持ってくるはずですよ(^O^)


さらに説得や勧誘も一切必要なくなり
誰でもどんどんリクルートできる究極の方法を
1週間限定の無料メールセミナーで
初公開したいと思います!!


ネットワークビジネスの勧誘でお悩みの方は
気軽に受講してください!

こんなやり方があったのか!!!!!

とびっくりするはずです(*^^)v

2ケルベラバナー.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。